Museum development plan!(第一部)

ミュージアム『もったいない博士の森』は廃材アーティスト”高橋耕也氏が原野から開拓をして、デザインから製作まで全て一人で作業を続けてきました。
構想から3年が過ぎ、今年いよいよ一部公開できることになりました。
森はまだまだ未完成の状態ですが、もったいない博士こと廃材アーティスト高橋耕也氏の構想は限りなく、力尽きるまで創作は続きます。
訪れるたびに進化した森に癒され、再び訪れていただけるような空間にしていきたいと思っています。

限界への挑戦
最初の計画は本当に漠然としていて、自己流で考えていました。
しかし、嬬恋村は自然保護法、森林法などさまざまな規制があるため、許可の手続きや建築確認の取得などで、当初考えていたより時間も予算もかなりかかってしまいました。
最初は、本当に時々ですが、子供たちにも手伝ってもらいましたが、耕也氏のやる量はハンパではありません。
大人5人くらいでやるようなことを一人で3~4日で仕上げてしまいます。
結局、ほとんどのことは耕也氏が一人でこなしてきました。
本当に怪物のような男です。

この原野からスタート

作業はまだまだ続きますが、耕也氏の開拓精神には感心してしまいます。
さらに、このような作業はコマツくんとアトランティス号がいてくれるおかげもありますが、修理に時間を取られるようになりました。特に昭和のモデルに違いないコマツ君はもう耕也氏しか修理できないでしょう。
私もできるだけ手伝いますがランマーをして右腕をおかしくしてしまいました。
今後の作業は時々ダイアリーなどでも紹介しますが、詳しくは第二部をお楽しみに